SEO対策について調べると情報商材が大量に出てくると思いますが、これらは有効なのかを調べてみました。

 

結論から先に言うと不要です。一般的に言われている事をさも当然のようにまとめただけの内容であり、検索で調べられる内容が大半でした。

 

SEOで1位をとる事というのは実は難しい事ではありません。単純に1位をとるだけなら誰でもできると言える程です。問題は、意図したキーワードで1位をとる事が難しいのであり、何でもいいのなら本当に楽だと言えます。

 

例えば情報商材によくあるのが、サテライトブログを作るという内容の物なのですが、確かに被リンクを増やす事は重要となりますが、問題は内容のない被リンクをいくら増やした所で無駄という事です。

 

ただブログを作ってリンクを貼っただけでは、価値のないブログから価値のないリンクをもらっただけでSEO対策にはなりません。仮にやるのであればブログも価値のあるものにしなければいけなくなります。

 

ありがちなミスですが、サテライトブログを大量に作ってリンクを貼るという行為は逆効果になる危険性を多分に孕んでいます。Googleは自然なリンクを好む傾向があり、似たようなブログや同一IPからのリンクが多くなると不自然に感じて順位を下げる傾向があるからです。情報商材ではそういった危険性は伏せられている場合もあります。

 

情報商材の全てが駄目なわけではないのですが、中にはメールアドレスを取得するために作られた情報商材という物もあり、そちらは参考にならないばかりかマイナスとなる可能性もあります。

 

SEO対策と思ってやった事がSEO対策を妨害するという結果もありますので、情報商材を利用する時はしっかり見極めるようにしましょう。





カテゴリー : SEO界に関する基本